Home » 香港の投資性を備えた保険/Insurance » 貯蓄生命保険/Endowment Life Insurance

貯蓄生命保険/Endowment Life Insurance 


貯蓄生命保険とはEndowment Life Insurance

ここ何年、香港も日本ほどではないものの、低金利時代となっており、貯蓄生命保険(Endowment Life Insurance)が人気のある保険商品の地位を確立しています。 保険市場では何年間の積立や、資金を保険会社に預けると、保険期間内に固定利率でリターンがあるといった商品のほとんどが、この貯蓄生命保険に類します。 また、貯蓄生命保険は子女の計画的な養育費、個人年金として利用されています。

貯蓄生命保険の特徴は、固定の額面価格(保障額)が予め決定されており、定期生命保険(Term Life Insurance)と同様に一定の契約期間、保険会社はこの保険期間内に被保険者や保険契約者(Insured)に保障を与えることになります。 保険期間内にもしものことがあった場合、保険会社は保険契約の額面価格を保障することになります。 また、期間外の事故には保険会社には保障する義務はなくなります。

貯蓄生命保険と定期生命保険の最大の相違点は、被保険者が期間内にもしものことがない場合であっても(つまり、生存していれば)、貯蓄生命保険の保険契約者は固定額の賠償を受けとる権利があることです。 通常、額面価格や額面価格の1%を足した額となります。 保険会社にとっては貯蓄生命保険は、「生死に関わらず保障しなくてはいけない」ことになり負担が多くなるのですが、保険費用は定期生命保険に比べ高くなり、一般的に固定保険料形式となっています。

貯蓄生命保険の保険料の支払い方法としては、毎月、毎期、半期毎、毎年、一括払いも存在します。

ひとむかし前まで、貯蓄生命保険は香港を問わず世界中でそれほど普及していなかった最大のネックとなっていたものは、その高額な保険料にあります。 2000年のITバブルの崩壊に伴い、アメリカのFRB(連邦準備制度)が金利を1%まで引き下げましたが、香港の銀行の預金利率は、0.001%まで下がってしまい、現在の日本と同様、香港市民にとってにリターン率の高い商品への需要が高まると同時に、預貯金のみを取り扱っていた金融機関である銀行も保険業務に参入し、業界自体が盛り上がってきていいます。

貯蓄生命保険の配当金・剰余金Dividend

貯蓄生命保険には、日本の生命保険と同じく、配当金・剰余金が存在し、利益配当タイプ(Participating)と無配当タイプ(Non-participating)の二種類に分類され、香港ではほとんどが利益配当タイプ(Participating)となります。

利益配当タイプの貯蓄生命保険の配当金・剰余金は、保険会社自体の投資成績自体が良好な場合、超過配当され、香港では一般的にDividendと呼ばれています。 このタイプの保険を契約する場合には、Dividendは保障されずアップダウンのあるものだと予め認識し注意しておくことが重要だと言えます。

貯蓄生命保険と定期生命保険の違いは、指摘しましたが、貯蓄生命保険と終身生命保険(Whole Life Insurance)は同様に、貯蓄性があるのは類似点となりますが、違いはどこにあるのでしょうか?
簡単に分類する方法は、この生命保険に貯蓄性があり、且つ保険期間が100歳までというのは終身生命保険、一方、保険期間がたとえば5年~20年といった保障期間に限度があるものは、貯蓄生命保険となります。

一般的に貯蓄生命保険の保険期間は20年を超えることはあまりありません。

貯蓄生命保険の保険会社と商品名

エースライフ社(ACE Life)のフォーエバーダイヤモンド(Forever Diamond)、アジアス社(ageas)のドラゴンリープ(Dragon leap)、などは、この貯蓄生命保険(Endowment Life Insurance)に分類されます。

保険チャプター


保険カテゴリーの関連記事

  • 2024年2月2日
    FTライフ社 マイウェルス 商品説明会のお知らせ☆
    皆様こんにちは。 いかがお過ごしでしょうか? 香港は旧正月が近く、お祝いムードが漂っています。 さてさて、今日はFTライフ社の大人気商品マイウェルスの商品説明会のご案内です。 ローリスクでお金を貯めたい方向けの
  • 2024年1月22日
    新商品のボーナスのお知らせ
    皆様こんにちは。 サンライフ社から新発売されたサンジョイグローバルのボーナスのお知らせです♪ サンジョイグローバルは、既に発売されているサンジョイがパワーアップした商品となります。 詳しくはまた後日★ 2024
  • 2024年1月16日
    新商品のセールスポイント
    みなさま、こんにちは。 今日は新商品のセールスポイントを2つお伝えいたします。 ★セールスポイント① 被保険者の変更が可能 この機能により、証券を次世代、そのまた次世代・・・と永続的に資産を継承できます。 通常
  • 2024年1月2日
    新年のご挨拶
    あけましておめでとうございます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、 より一層のご支援、お引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

免責事項・投資のリスクに関わる表記

HSBC.口座開設投資セミナーお積み立てシュミレーション

メールでのお問い合わせはこちら
香港.IFA.資料請求
香港IFAテンガードには、日本人スタッフが常駐しております 香港IFAテンガードには、日本人スタッフが常駐しております
ページトップへ戻る

Twitterボタン

Copyright(c) 2024 投資.com.hk All Rights Reserved.