Home » 香港の投資性を備えた保険/Insurance

香港の投資性を備えた保険/Insurance 

以下の「ポチッ」とLikeおねがいします!
LINEで送る

保険(Insurance)とは、法律・経済学上では主に、財務損失(Financial Loss)に対して備えるリスクマネジメント方法の一種です。 保険は一定の費用を支払い潜在する損失のリスクをある実体集合的に平均移転するもので、つまり、偶然に発生する事故(保険事故)によって生じる財産上の損失に備えて、多数の者が金銭(保険料)を出し合い、その資金によって事故が発生した者に金銭(保険金)を給付する制度です。
簡潔に言えば、ある団体に加入し「共通の危険を多数の人たちで分担する」ことを、貨幣形式で社会のリスクと平均的に移転するシステムであると言えます。

現代の社会保険制度は19世紀のドイツの初代宰相オットー・フォン・ビスマルクによって社会主義運動の一環として労働階級保護制度として制定されました。 その後、ヨーロッパ各国で同様の運動が起こり、今日の現代社会には無くてはならない制度となりました。

一方、香港ではイギリスの影響下で国際金融セクターとして発展してきたことから、現在でも投資性を備えた保険商品が年々開発されています。

保険でリスク管理入門

個人や企業のリスクマネージメント(危険管理)の最終目標は、損害・損失の予防と保障の2つに分類することができます。 

損失予防目標Pre-loss Objective

ビジネスの世界で「リスクをヘッジする」と常用されていますが、将来生ずるであろうリスクによる損害や損失をヘッジ、つまり保険で保障していくことを以下の3つの損失予防目標(Pre-loss Objective)として、明確にすることは重要であります。また、個人の損失予防目標に関しては1と2だけの適用となります。

  1. 最も経済的な方法で潜在的損失に備える。
  2. 潜在する損失に対する不安を軽減する。
  3. 法律や規則上の適法性を満足する。例えば、営業資格の喪失。※これは個人には適用されません。

損失回復目標Post Loss Objective

損害・損失が一旦発生してまったあと、個人や企業は損失回復目標(Post Loss Objective)として、以下5つの問題を復旧への命題として考慮しなくてはいけません。

  1. 損失が発生した後、いかに生存するか
  2. 損失が発生した後、合理的な時間内に一部あるいは全部のオペレーションを復旧することができるか。近年で言えば、タイの洪水被害でいかに現地工場を正常状態に戻すためのリスク管理目標の策定
  3. 損失が発生した後、企業では収益、個人では生活をいかに安定させることができるか
  4. 損失が発生した後、企業では成長させることができるか
  5. 損失が発生した後、企業では取引先など、個人では身内などをはじめとする第三者に対する悪影響を最も抑えることができるか

保険チャプター


保険カテゴリーの関連記事

  • 2016年8月19日
    香港 生命保険市場 成長率に悩む!?
    以下の「ポチッ」とLikeおねがいします! 香港生命保険部門、成長に伸び悩む 格付け会社A.M,ベスト社によると、香港の生命保険市場は、 今年、高い成長率を維持することが難しいと報告している。 理由としては、香
  • 2016年7月8日
    アビバ社も!? イギリス不動産ファンド取引中止!?
    以下の「ポチッ」とLikeおねがいします! スタンダードライフ社のニュースに引き続き、 アビバ社でも同様の混乱が起きているようだ。 アビバ社はイギリスの不動産ファンドの取引を中止したとのこと。 流動性の低下とい

免責事項・投資のリスクに関わる表記

HSBC.口座開設投資セミナーお積み立てシュミレーション

メールでのお問い合わせはこちら
香港.IFA.資料請求
香港IFAテンガードには、日本人スタッフが常駐しております 香港IFAテンガードには、日本人スタッフが常駐しております
ページトップへ戻る

Twitterボタン

Copyright(c) 2016 投資.com.hk All Rights Reserved.